女の子に気に入られる為に

25 9月

自分たちがお気に入りの女の子のことをちょっと贔屓したくなるように、女の子にとって好印象なお客になることで女の子の態度も変わってきます。ガールズバーはキャバクラのように指名して一対一で接客してもらうということはできないので、キャバクラに行ったことある方、慣れている方は気になる女の子を見つけても距離を縮めにくいのがもどかしく感じるかもしれません。

 

酒が入って気を大きくしない

キャバクラでも同じですが、酒に飲まれる客は基本女の子は迷惑に感じます。以前、親しくなったガールズバーのキャストの女の子にどんな客が一番嫌かと聞いたところ、『酒が入って自慢話ばかりする客・説教を始める客』と言っていました。どうしても女の子にいいところを見せたくて、結果それが自慢話に繋がってしまう方はかなり多いです。キャバであればきっとキャストの女の子はすごい!とヨイショして気分よくさせてくれると思いますが、ガールズバーの女の子には愛想笑いされて終わりです。お酒が入ると男女問わず後輩や部下に説教する方も多いですよね。ガールズバーやキャバに限った話ではなく、迷惑がられるのでやめましょう(笑)

 

贔屓しすぎない

推しの女の子が出来たからと言って、あまりにも露骨に贔屓しすぎるのもやめましょう。推しの子には毎回ドリンクを奢るけど他の女の子には全然奢らないとかですね。だからと言って、みんなに平等にしすぎても、指名制度がないガールズバーでは推しの女の子への気持ちが伝わりません。例えばお土産を渡すとき、お店の女の子皆へというスタンスの物でも、推しの女の子に渡すのがオススメです。その時推しの子だけに、こっそり別にお土産を渡すと結構喜ばれます。

 

スマートにドリンクを注文

大体の女の子は「一杯頂いてもいいですか?」などと『おねだり』してくるパターンが多いですが、お店によっては何も言ってこないところもあります。なのでついてくれた女の子におねだりされるより先に「何呑みたい?」「一緒に飲もう!」と声をかけてあげるようにしましょう。自分からご馳走してあげると、スマートに見えます。また、ドリンクバックが付くんだからどんどん飲みなよ!と無理にお酒を勧めるのは止めましょう。ありがとうございます~とニコニコしながら注文する女の子でも、もう飲めないと正直に言いづらくてうんざりしている場合もあります。女の子のペースを見ながら追加オーダーの事を聞いてあげるようにすると、女の子からの好感度も高いです。